実践スキル

実践スキルは実際に仕事についたという形で教育を行っていく視点で、管理職や営業職や事務職や販売接客や情報処理など多種多様にわたる職種をもとに実際に仕事をしているという疑似環境のもっと詳しく学んでいきます。

実践スキルはただ職場を経験するだけではなく、自分に合っているかという視点でも自分を見つめなおすことができるので、ここで自分に合っている職種を探すという事に繋げることが可能です。まずは営業職を体験してみて、ちょっと合わないから情報処理を体験するという事が可能で疑似とはいえ、実際に職場に合わせて体験してくれるので、自分自身も職場の環境を体験することができます。

実践スキルは自分がどの職業関係につきたいかをもとに実際に職場を経験して、就職した後でもスムーズに働くことができるようにという事を目的にしていますが、ここで自分のあっている職種を探していく方法も実践スキルでは活用することが可能です。

実践スキルの視点の授業を受けるにあたって、最初から自分の目的としている職種を目的として受けることも重要ですが、なかなか体験することができない異種職種の体験をしてみることで新しい自分の可能性を見つけることも可能でしょう。